• 地盤解析システムとは
  • 地盤保証
  • 地盤調査
  • 地盤補強工事
  • 沈下修正工事
  • 地盤サービス
  • HOME

  • [ LandStyle Menu ] 鋼管回転圧入工事

鋼管回転圧入工事

鋼管回転圧入工事とは

支持層が深い(〜8.0m以上)軟弱地盤に対し、一般構造用炭素鋼管(JIS G 3444 STK400以上)を回転圧入によって、所定の深さの支持地盤に根入れする工法です。
鋼管杭先端部分の形状は荷重条件や土層構成により

  • ・ストレート形状

  • ・羽付き形状

  • ・その他特殊形状

と様々な仕様があります。

鋼管回転圧入工事の特徴

  • 価格

    支持層の深い地盤に対し、優位性を発揮

  • 改良深さ

    GL-2.50m未満の長さ設計困難

  • 適応地盤

    既成材料のため、原地盤の影響を受けにくい

  • 排土

    無排土工法のため、残土発生はほとんど無い

  • 水質

    乾式工法のため、問題になりにくい

  • 騒音・深度

    杭を回転埋設させる工法のため、問題になりにくい

  • 工期

    搬入・土質・施工条件により変動

  • 養生

    施工後の養生期間は必要なし

鋼管回転圧入工事 施工 施工の流れ

鋼管回転圧入工事 施工 施工の流れ

鋼管回転圧入工事 打設の流れ

鋼管回転圧入工事 打設の流れ
  • 杭を吊り込み、重機にセットする。

  • コラム中心位置を出し、その位置に杭の中心がくるように機械をセットする。回転しながら圧をかけ、杭を打設する。

  • 杭の継ぎ足しがある場合、2本目(継杭)をセットする

  • 1本目と2本目の溶接を行う。

  • 継杭を1本目同様に打設する。

  • 杭頭の高さにあわせて切断し、杭頭処理を行う。

施工管理において「住宅地盤品質協会-技術基準書」または「ランドスタイル株式会社-仕様」に沿って行うもうのとする。

写真はこちら→

地盤解析システム 解析システム利用料金
地盤保証で最大 事故修理費用等を負担
詳しい地盤調査のご説明
  • スウェーデン式 サウンディング調査
  • ボーリング調査
  • 平板載荷試験
  • レイリー波探査試験
詳しい地盤補強工事のご説明
  • 表層改良工事
  • 湿式柱状改良工事
  • 鋼管回転圧入工事
  • 認定工法
詳しい地盤沈下修正のご説明
  • 鋼管杭工法(アンダーピニング)
  • 耐圧版工法
  • 土台上げ工法
  • 柱抱え上げ工法
詳しい地盤サービスのご説明
  • 地盤解析システム
  • 地盤データ提示サービス
  • 事前調査サービス
  • 地盤用語集
  • ダウンロード
  • リンク集
  • 会社概要
  • お問合せ
  • プライバシー
更新履歴・トピックス Update History Topics

05.31.2013

さて、ご存知でしょうか?
地盤調査の結果から地盤改良工事の「要・不要」を判断する基準点は調査会社によってさまざま。
明らかな軟弱地盤には、補強工事は必須ですが、そうでないところもあります。その地盤に対し、慎重に「補強しましょう」という業者と、この地盤なら「補強は必要ないでしょう」という業者もいます。