• 地盤解析システムとは
  • 地盤保証
  • 地盤調査
  • 地盤補強工事
  • 沈下修正工事
  • 地盤サービス
  • HOME

  • [ LandStyle Menu ] 鋼管杭工法

鋼管杭工法

アンダーピニング(鋼管圧入)工法とは

  • 建物の荷重を反力に、鋼管杭を支持地盤までジャッキを使って圧入し、建物を支持させ修正する工法である。

  • 建物に隣接して掘削が行われる時など、工事による影響から地盤が沈下する恐れがある時には、 あらかじめ再沈下の防護策としてもアンダーピニング工法が用いられている。

アンダーピニング工法 施工の流れ

no1

掘削工

・基礎下を幅1,000×奥行き1,000×深度1,000程度掘削する

・床下については、外周と同じ又はトンネルで掘削する

(土質、掘削条件により支保工を行う場合もあります)

  • 掘削工1掘削工2
  • 掘削工3掘削工4
no2

圧入工

・掘削完了後計画位置にて、油圧ジャッキにより鋼管を圧入する

・継手は内径管を用いたアーク溶接を行う

・支持層到達後、支持力確認を行う

  • 圧入工1
  • 圧入工2圧入工3
no3

ジャッキアップ工

・鋼管圧入後、固定ベースとジャッキを杭頭に設置する

・全箇所のジャッキ設置後、建物をジャッキアップし、レベル修正を行う

・レベル修正完了後、固定ベースを固定し、ジャッキを撤去する

  • ジャッキアップ工1
  • ジャッキアップ工2ジャッキアップ工3
no4

埋め戻し工

・掘削箇所を型枠を設置しながら、掘削発生土にて埋戻しを行う

(掘削土の土質、施工条件によっては、購入土を使用する場合もあります)

 

  • 埋め戻し工1埋め戻し工2
  • 埋め戻し工3埋め戻し工4
no5

空隙充填工

・レベル修正で生じた基礎下の隙間と、掘削箇所を発泡モルタルで埋戻す

(発泡モルタルは1:3モルタルに気泡を混ぜ合わせたもので、比重1.2程度一軸圧縮強度1N/mm2程度の強度のものになります)

  • 空隙充填工1
  • 空隙充填工2空隙充填工3
no6

埋め戻し・整地工

・型枠を撤去しながら、土を埋戻し整地を行う

 

 

  • 埋め戻し・整地工1
  • 埋め戻し・整地工2埋め戻し・整地工3
地盤解析システム 解析システム利用料金
地盤保証で最大 事故修理費用等を負担
詳しい地盤調査のご説明
  • スウェーデン式 サウンディング調査
  • ボーリング調査
  • 平板載荷試験
  • レイリー波探査試験
詳しい地盤補強工事のご説明
  • 表層改良工事
  • 湿式柱状改良工事
  • 鋼管回転圧入工事
  • 認定工法
詳しい地盤沈下修正のご説明
  • 鋼管杭工法(アンダーピニング)
  • 耐圧版工法
  • 土台上げ工法
  • 柱抱え上げ工法
詳しい地盤サービスのご説明
  • 地盤解析システム
  • 地盤データ提示サービス
  • 事前調査サービス
  • 地盤用語集
  • ダウンロード
  • リンク集
  • 会社概要
  • お問合せ
  • プライバシー
更新履歴・トピックス Update History Topics

05.31.2013

さて、ご存知でしょうか?
地盤調査の結果から地盤改良工事の「要・不要」を判断する基準点は調査会社によってさまざま。
明らかな軟弱地盤には、補強工事は必須ですが、そうでないところもあります。その地盤に対し、慎重に「補強しましょう」という業者と、この地盤なら「補強は必要ないでしょう」という業者もいます。